moonrabbit.exblog.jp 【蒼月兎】
Top | RSS | Out
<   2004年 05月 ( 140 )   > この月の画像一覧
|
Runner
a0002073_235116.jpg走って
走って
走りぬけて

掻き分け
飛び越え

走って
走って
走りぬけて

誰より
速く
走りぬけて

ぐるっと
走りぬけたら
また
ここに
**********************
人生は
競うことでは
ないと
思うから

自分の
ペースで
走りたい

かけっこ苦手.......
**********************
花の写真は
強風のために
写真はほんのわずか

この花は
とても小さいので
風の影響を受けていなかった花です
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-31 23:52 | *Earth*大地* |
心の中に残る想い出
a0002073_03455.jpgきっと
どこかで
出逢ったとしても
それが
誰だかは
気づくこともなく
すれ違って
再び逢うことは
ないのかも......

すれ違うことさえもなく
このまま
それぞれの場所で
それぞれに生きて

見てきた
モノ・コト
感じてきた
想い
経験した
.....etc

見えない糸を伝わって
いろんなことが繋がって

また私には
今は見ることができない
モノ
今は感じることができない
想い
今はわからない
言葉
未経験の
......etc

いつか
私がこれらのことに
出逢ったとき

ひとつひとつのことが
記憶と心の中から
想い出されるのだと.....思って
***********************
aquiさんの
今日も天気がいい
30日の夕方6」より

Blogで出逢った全ての方々へ
感謝の気持ちがいっぱいで
胸がいっぱいいっぱいの夜です

<写真:金糸梅、オトギリソウ科>
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-31 00:36 | *feeling... |
きっと君
a0002073_235528.jpgひらひら

舞う君は
きっと
葉板(ボード)で
彡彡Surfing彡彡
してた
君だって
思いたい

こんなに
早く成長するなんて
思うより
理屈抜きで

きっと
君だって

また
逢えた
君と

<撮影:04-05-28>
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 23:55 | *Earth*大地* |
Today's Moon#3 夜の月
a0002073_204122.jpg雲が走る
南から北へと
雲が走る

川の流れのように
流れ流れた雲の後

高い南の空近くに
お月さまが

こんばんわ

*****************
間もなくここからは見えなくなります
真南から西へ
お月さまは徐々に移動です
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 20:42 | *Moon*月* |
Today's Moon#2 連写もどき
a0002073_1938.jpgこの後
あっという間に
空一面が雨雲に覆われて
お月さまは隠れました

16:53頃

デジカメには
「連写機能」がついていなので
別の方法で連写もどきを作成

真夏にとらえたいものがあるので
テストです

追記
これはMovieで撮影して
欲しい部分だけキャプチャーしました

夏にとらえたいモノは
あれです.....
とても美しい.....あれ
※花火ではありません(笑)
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 19:04 | *Moon*月* |
Today's Moon#1 東の空高く
a0002073_185846.jpgお月さま
こんにちわ

16:30頃
月齢:11
輝面比:80%

明日は曇り
と予報がでてましたが
快晴の空にぽっかり

と思ったら.....
海側から
大きな雨雲が流れてきました
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 18:59 | *Moon*月* |
桜葉屋根
a0002073_15437.jpg夏の陽射し
火照った身体

光が
桜葉フィルターを通って
身体を優しく撫でる

光が
桜葉フィルターを透って
眼に届く

桜葉屋根の下で
解熱

******************
「不思議な樹の欅」
と並んでいる桜の樹
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 15:44 | *Earth*大地* |
しまい忘れ
a0002073_15318.jpg手足を
きゅ
と曲げて
お昼寝

ひんやりした床と
外からの風が
自然のクーラー

おやおや
しまい忘れてるよ.....

***************
寝起き後しばらくは
出しっぱなし
どうして舌をしまい忘れるんだろう
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 15:32 | *Pet |
Winter Station <故郷の駅>
a0002073_23329.jpgドアが開くたびに
樹の香りが
だんだんと
深くなり

窓からの
流れ込む空気が
冷たく
鼻先と頬を
通過していく

道と川と平行して走る汽車
空 山 川 道
車窓から見える景色

先頭車両に座る

トンネルが近づくたびに
窓から顔を出し
数える

カーブにさしかかると
窓から顔を出し
後部車両を眺める
弓形になった汽車の
前と後ろが顔を合わせた

線路のつなぎ目を
通過するたびに
ガタゴトと
一定のリズムが
身体を伝わって

止まるはずのない駅に
汽車は止まる
単線の行き違い汽車を待つために

思いがけない待ち時間
発車までの数分間
ホームに降りたって
樹の香りを確かめる

再び汽車は走る
山肌をぬうように
駆け上がる

29番目の最後のトンネル
長い長いトンネルを抜けると
真っ白な銀世界が広がる

これまで見てきた世界とは
全く違った場所に着く

静まりかえった駅に
ディーゼル音と
まばらな人々の声が
静に響く

わずかな人影の中
母が待っている
故郷の駅
**********************
お気に入りの風景は?でトラバしました

現在は無人駅が多く
各駅列車は2両編成
ドアは手動になっています
トンネルの入口には
白いペンキで番号が描かれていました
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 02:34 | *Earth*大地* |
悪戯
a0002073_14433.jpgずっと悪戯されて
長いけれど
まだ
さよなら を
惜しんでいるように
ずっと根付いているから
このままにして
おこう

痛みだって
多少の我慢はするけれど
我慢できない夜もあるんだ

一方的に
さよなら
なんてしないけれど
眠らせてもらおう

*********************
1年振りに
親知らずの悪戯が始まって
歯医者さんへ行ってきました
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-05-30 01:45 | *feeling... |

蒼月兎



Mind's eye*月の時を刻みながら*沢山の愛に包まれて*Feeling
by BlueMoonRabbit
ひと言Memo
ずいぶんと長い間放置していたけど。元気です


+++皐月+++
Half Moon上弦
2014-5-7
Full Moon満月
2014-5-15
Half Moon下弦
2014-5-21
New Moon新月
2014-5-29

Calendar
カテゴリ
全体
Feeling...
*Moon*月*
*MoonTB
*Sky*陽・天空*
*Earth*大地*
*Sea*海*
*feeling...
♡愛
*...forever
*Pet
*Family
*Apple
*Foods
*Goods
Event
*Event
*2008Xmas
*2007Xmas
*2006Xmas
*2005Xmas
*Tokyo Tower
*2004Xmas
SpecialThanks!!
About...
未分類
最新のトラックバック
台風直撃!今年の十五夜
from つきのくさぐさ
月食って何色?
from 季節を感じて
8回のお月見で学んだこと
from つきのくさぐさ
お月さまはいつもいっしょ
from つきのくさぐさ
中秋の名月 2011
from ARENA
ファン
タグ
Information
【Kitchen】
コトコトきっちん
※ポストしたお料理のメモやレシピ
【iPhone】
iPhoneメールにフォルダーを作ってみた&自動振分
【特集】
スパムTBとコメントの削除の方法とID・URL拒否設定はこちら
TB障害の回避方法(応急処置ですが。。。)こちらをどうぞ
※コメント欄に情報をいただいています
【スキンカスタマイズ】
こちらの井戸端にとても参考になるLinkがあります


ねこちか

Blue_Moon_Rabbit. Get yours at bighugelabs.com
以前の記事
2015年 01月
2014年 10月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

協力して節電しましょう。


RED RIBBON LINK PROJECT
Pink ribbon2010
Pink ribbon2009
Pink ribbon2008
Pink ribbon2007
Pink ribbon2006
Pink ribbon2005 No.01
Pink ribbon2005 No.02

日刊エキブロ新聞