moonrabbit.exblog.jp 【蒼月兎】
Top | RSS | Out
<   2004年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧
|
好き・恋・愛って
こんな感じらしいです「好き」「恋」「愛」の違いなるほど...

いつも長いので手短に(笑)
「好き」
男女問わず抱く感情
「恋」
男性だけに抱く感情(私の場合は)
自分の心の葛藤
「愛」
男女問わず永遠に続く無償のもの
穏やかに
安らかに
安心できる
心地のいい住処

愛を男性に感じられたら
出逢った瞬間から終わり無き永遠の繋がりですね
ってことは...
初めてお付き合いした男性を愛したら
一生1人でおしまい!ってこと....
&たとえ愛されなくなっても...すごいことですね(笑)
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-31 17:41 | *...forever |
糸電話
毎朝8時を過ぎるころ
電話が鳴る

「おはよう」の電話
決まってお天気の話
どんな様子かを話す
そして
「行ってらっしゃい」

毎晩9時を過ぎるころ
電話が鳴る

「おやすみ」の電話
決まってお天気の話
どんな様子だったかを話す

西側のお天気を聞いて
東側のお天気を予測する

特別な話は時々
変わり映えのない話

電話は滅多に鳴らない
電話を滅多にかけない

朝と夜に繋がっている

繋がらないときはいないことを伝える
心配することがないように

繋がらなくても苛立たない
元気だとわかればそれだけで

特別な話をするわけではない
おはようとおやすみの糸電話
繋がった先にいる

****************************
母と私の毎日がこのように始まり終わります
携帯というリアルタイムに繋がる電話を母は持っていません
繋がる場所にだけ鳴ります
同じことの繰り返しが1年間続いています

どちらかが強制したわけでもなく
求めたわけでもなく
1本の電話で離れた場所と繋がっています

傍にいたくてもいられない現実
元気でいることを願って
心の繋がりをカタチにしたコト
それは心の繋がりを証すためではないのだと思います

自然に気持ちがカタチに現れて
モノが代わりをしているだけのことだと思いました

以前は母への電話は
思いついたら
用事があったら
使うモノでした

一言聴いただけで
見えない様子を察する母が怖かったのです
声を発すると心を読まれているようで

1本の電話
「なんとなく...声が聴きたくなったから」
その一言から
何か特別なことを聞き出すわけでもなく
「おはよう」と「おやすみ」が始まりました
これは互いにそうしあっていることです

互いではなくても
見えない場所の見えない相手に
「おはよう」と「おやすみ」を毎日伝えて1日が始まります

傍にいる人に言葉を伝えることは
ごく当たり前のように過ぎていく時間
傍にいられない人に言葉を伝えるのは
相手を安心させたい気持ちよりも
自分が安心できることなのかもしれません

もしも帰りが遅くなるときは
一言
遅くなるからね
今から帰るからね
って伝えてみましょう
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-30 23:22 | *...forever |
桜の樹の上から
■日本人はイベント好き?
みな同じ方向に移動するという日本人(笑)
団結力から言えばすごい力になりますね
古い言い方だと「島国根性」
ざわざわ・・・を読ませて頂き微笑んでいました

宗教にかかわらずお祭り好きな日本人
お花見イベントでお花を見てるのかしら?
飲み会の名目かな???
まぁ...いいけれどね(笑)
楽しそうにしているのを見るのは悪くないですしね

私はお花見に行ったのですか?
↓答えはこちら

部屋の窓を開けると「桜の樹」が見えます
1年中この樹を見ています
鳥たちが羽休めにとまったり
朝の訪れを鳥たちが知らせてくれます

この時期桜の樹に花が咲き始めると
「冬眠」から目覚めたように
心も長い冬から目覚めはじめます

桜を眺めながら
桜に誘われるように空を眺め
桜に導かれるように花びらの舞う道を歩いていました
気がついたら...一緒にいたはずの方が見当たらなくなり
ひどく叱られました...

花と僕とどっちが大事なの?って感じで
そこにいるってことが大切です
桜の樹の下で
独り眺める春を迎え
どこかの桜と桜を一緒に観ていると思うと
苦い想い出も甘い想い出になりますね

桜が開花する度に
ずっと忘れないでしょう

お花見は部屋からいつでも......
a0002073_22344.jpg

月に光が半分と月を眺める桜
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-29 22:04 | *Moon*月* |
月の鏡
数日前に手にしたBook
その中にこんなことが書いてありました
ちょっと素敵なので一部を抜粋して残しておきます

月面は満ち欠けはあるが
想像力の中ではいつも丸い
月面は光り輝いているが
それらは自発的な光ではなく
太陽光の単なるリフレクション(反射)にすぎない
光り輝く円板ということになれば
それらは地球から見て
巨大な宇宙鏡である
自らを見ることのできない地球とその上の人々は
いわば孤独な空間の得がたいペアたる月を
自らを映しだす鏡とした

−月の本 より−
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-29 00:27 | *Moon*月* |
タイランチを食す
a0002073_192344.jpg
先日TINUN(ティーヌン)のランチを食べました
仕事先の施設内にあります
新しくタイ式の一皿盛「ワンディッシュ」のランチメニューが登場したのでお試しに
お昼前の早い時間に到着
(同じ敷地内ですけど)
ランチタイムには行列でした

・4種類の料理(盛り放題)
・ココナツミルクのタイカレー
・デザート
・ライス
700円(税込み)
お腹いっぱいです
ティーヌンの名物タイ国ラーメン美味しいですよ
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-27 19:22 | *Foods |
そして今...
数年前から考えると今は未来です
その未来が来てどうだったかを見つめています
なりたい未来の自分を描いていて時々過去から今に至るまでを見つめています

記憶は曖昧です
その頃に何を考え何を想い何を夢みていたか
未来が訪れたときに取り戻せない時間があります
そのために
絵や文字で残して
その時々のFeelingを
思うがままにメモ書きや詩、手紙といった文字や
絵を描いたものを残しています

人にわからないものであっても自分にはわかります

箱の中にしまってきた膨大な宝物
それを時々開いて見てみる

ずっと願っていた自分の未来像
自然に生きたい
穏やかに生きたい
笑って過ごしたい
素直なまま
正直に生きたい
傍に誰かいて欲しい
そんな漠然とした私の未来

時が過ぎ今やっと夢が叶ったようです
a0002073_173343.jpg

いつも傍にいてくれる月
抱っこしてと手を伸ばせば
そこにいつもいる
声が聞こえる
温もりを感じる
暖かい心に繋がって
幸せに時を過ごしている私がいる
蒼い月とうさぎを書き始めてから時が経ち
願っていた未来の私がここにいる
※月とうさぎは比喩です 想像してください

これからの「なりたい未来の自分」は
このまま永遠に温められ続けたら...

物理的なものが必要ですか?(笑)

蒼い海を眺め
星と月を眺め
自然が奏でるリズムを聴き 感じて
太陽が昇ったら目を覚まし
眠くなったら眠り
お腹が空いたら何かを食べ
特別な「モノ」がいらない生活をしている未来を描いて
数年後を待ちましょう
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-27 17:34 | *feeling... |
記憶
人はどれぐらいの記憶力を持っているのでしょう
限られた数が脳の中に残る...
そう思うと
どんどんと増えていけば
忘れていくものある
こうして記憶はある一定の分量に限られていると考える

ふとした切っ掛けで蘇る記憶
普段は脳の隅っこで静かに眠っている

例えばお誕生日や記念日
大切だと思っていること
その日が近づくまでにいろんなことを思い出す

小さい頃の思い出
ずっと忘れていないことは
時々思い出すことの繰り返し
数十年経っても
何もしないまま覚えていること
無とは言えないが
何度も何度も思い出しているのでしょう

それらは
嗅覚・味覚・視覚・聴覚・触覚
5感によって蘇ってくる

見たこともない場所に立って
潮の香りが鼻を刺激する
生暖かい風が吹いてくる
潮の満ち引きが一定のリズムで聞こえてくる
南の島で見た蒼い海
たとえこれが濁った河川敷であったとしても
眼を閉じれば...そこは南の島(笑)

懐かしい思い出
恋しい海
雨上がりの暖かな風が吹くと思い出し
繰り返し繰り返し記憶に刻み込む
こうして薄れていく記憶を保ったまま
忘れないのだろう

お誕生日も忘れられたら...寂しいね
存在を忘れられたら...もっと
必要なくなって記憶から消えちゃう? あら?
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-26 22:53 | *feeling... |
1番はBlack Coffee
お題を見て思わず...
みんなでトラバろう![第1回:ほっとする飲み物]といえばやっぱりCoffee
1日の始まりはCoffee
つくりたてのCoffeeの香りが部屋中に広がる
これが朝だって思える瞬間

1日に1〜2リットルのCoffeeを飲んでいる
水道水を飲まない代わりにCoffee
仕事中も空気を吸うのと同じようにCoffee(笑)

もちろんお茶系も好きだけど♪
<紅茶>
アールグレイのストレート
お砂糖とミルクたっぷりのチャイ
<ハーブティー>
ミント・ジャスミン・レモングラス・ハイビスカスetc

*********************************
叔父が喫茶店をしていた(今は2代目)
挽きたてのCoffee
その香り 私は小さいながらも好きだった

サイフォンでCoffeeをたてるとき
母は幸せそうだった
不思議そうにサイフォンを眺めていた私

Coffee
始めはBlackで飲んで
香りと味わいを楽しむ
次にお砂糖を少ししれて
2つ目の味を楽しむ
最後にフレッシュミルク(動物性脂肪)を入れて
3つ目の味を楽しむ

こうして大切に母は1杯のCoffeeを飲んで楽しんでいた
最後にミルクを入れるのは
ミルクを上から流し込んで
底に着くやいなや
パァ〜ッとミルクが上がってくるのを見てた
それがミルクの質と新鮮さを見る目安だとか...本当かな(笑)
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-26 00:24 | *Foods |
ほっぺ
a0002073_234226.jpgすりすりしたくなる
お月さまの ほっぺ

あったか
ふわふわ
すべすべ

ほっぺに ほっぺ
きもちいい ほっぺ
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-25 23:43 | *Moon*月* |
髪をリクエスト
前川さんにお願いしたテーマ「

言葉・文字 そこから感じるもの私風に
とても嬉しい

「髪」に想うFeeling その中から1つ

初めて髪を洗ってもらったとき
どんな美容院よりも気持ちよかったです

小さい頃を想い出しました
こんな風に髪を洗ってもらうのは何年ぶりだろう?って

洗う指先の音と
目を閉じた私
静に時が過ぎていく中

何の不安もない心地よさ
無防備に身を任せている私がいました

とても安心できる存在なのよね
[PR]
by blue_moon_rabbit | 2004-03-25 16:16 | *feeling... |

蒼月兎



Mind's eye*月の時を刻みながら*沢山の愛に包まれて*Feeling
by BlueMoonRabbit
ひと言Memo
ずいぶんと長い間放置していたけど。元気です


+++皐月+++
Half Moon上弦
2014-5-7
Full Moon満月
2014-5-15
Half Moon下弦
2014-5-21
New Moon新月
2014-5-29

Calendar
カテゴリ
全体
Feeling...
*Moon*月*
*MoonTB
*Sky*陽・天空*
*Earth*大地*
*Sea*海*
*feeling...
♡愛
*...forever
*Pet
*Family
*Apple
*Foods
*Goods
Event
*Event
*2008Xmas
*2007Xmas
*2006Xmas
*2005Xmas
*Tokyo Tower
*2004Xmas
SpecialThanks!!
About...
未分類
最新のトラックバック
台風直撃!今年の十五夜
from つきのくさぐさ
月食って何色?
from 季節を感じて
8回のお月見で学んだこと
from つきのくさぐさ
お月さまはいつもいっしょ
from つきのくさぐさ
中秋の名月 2011
from ARENA
ファン
タグ
Information
【Kitchen】
コトコトきっちん
※ポストしたお料理のメモやレシピ
【iPhone】
iPhoneメールにフォルダーを作ってみた&自動振分
【特集】
スパムTBとコメントの削除の方法とID・URL拒否設定はこちら
TB障害の回避方法(応急処置ですが。。。)こちらをどうぞ
※コメント欄に情報をいただいています
【スキンカスタマイズ】
こちらの井戸端にとても参考になるLinkがあります


ねこちか

Blue_Moon_Rabbit. Get yours at bighugelabs.com
以前の記事
2015年 01月
2014年 10月
2014年 07月
more...
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

協力して節電しましょう。


RED RIBBON LINK PROJECT
Pink ribbon2010
Pink ribbon2009
Pink ribbon2008
Pink ribbon2007
Pink ribbon2006
Pink ribbon2005 No.01
Pink ribbon2005 No.02

日刊エキブロ新聞